Date

男女の恋愛が始まる瞬間エピソード

唐突に感情が恋へと変わる瞬間とは?
Breast Cancer Ribbon

「男性は強く在るべきだ」~20代女性の恋愛談~

?「守る」
・・・と、その言葉を聞くと一般的なイメージとして
「男性が女性を守る」
という感覚があると思います。
私も以前はそう感じていました。
しかし彼との出会いを契機にして、その意味がガラリと変ったのです。
今でこそ「草食系」なんていわれはしますが
彼はそうではありませんでした。自分が「男性に生まれたこと」そのものに誇りさえも抱いているような人なんです。
そして
「男性は強く在るべきだ」
とも考えている人でした。
ですので、私は彼との恋愛の中で「ああ、守られているんだな」という幸せを如実に感じることが出来ました。
と、同時に私は今まで似なかった感情を持ち始めたのです。
それは
「彼のことも守りたい」
という気持ち。
その気持ちは私自身に強さとなって作用もしてくれました。
こうして私は彼との恋愛の中で
「守られる幸せ・守る強さ」というものを身に着けていったのです。
彼に何かがあってもなくても私は彼を守りたい。
彼がそうであるように・・・。
そんな気持ちがベースの部分にあるからこそ、上手く行っているのだろうと考えていました。
そして今でもその気持ちに変化はありません。
彼ともに泣いたり笑ったりしながら互いを守りあうという気持ちをもってさえいれば
2人はずっと歩いていける気がしています♪

仕事先で恋愛関係に

仕事先で出会った相手と恋愛関係に発展するケースはよくあります。
何度か一緒に仕事をしているうちに親しくなり、帰りに食事に誘う場合が良くあるのです。
そして、回数を重ねていくうちにお互いに好きになり、お付き合いするようになります。
最初は、積極性が必要ですが、これは昔からある自然な出会いです。
しかし、最近は女性に声を掛ける男性が少なく、こんなケースでも今はとても稀なのです。
女性から声を掛けられれば応えるが、自分から話しかけない男性が多いので、
どうしても相手はキャバクラや風俗店の女性になってしまうのです。
お金を払っていくお店で、身体の自由になる女性でなければ、相手に出来ないのです。
しかも、自分が何度も通い、指名しているうちに、相手も自分のことが好きだと勘違いしてしまうのです。
これが悲劇の始まりです。
自分は恋愛になりそうだと思っていても、相手は商売です。
これを一緒に考えてしまうと悲しい結末が待っています。
こんなケースで上手くいくのはテレビドラマだけです。
現実にはそんな上手い話はありません。
一方的に片方が好きになってしまった場合は、いくら情熱があっても恋愛は難しいのです。
そうならないためにも、出会いはお店ではなく、出会い系サイトをお勧めします。
これならば、このような悲劇は絶対に起こらないし、後腐れの無いセフレ関係が作れます。
互いに承知した上で、利害関係のない身体だけのお付き合いが出来るのです。

Comments are closed.